■フタナリ快感

「これを…飲めば…私たち…」
「…能登ちゃん」
「いくよ…」

ごく…ごく…

「ぷあっ…ひどい味〜」
「大丈夫?大丈夫?能登ちゃん?」
「うん…別に…え?…うはっ…すご…もう?」

下半身の…クリトリスのある辺りすごく熱い…じんじんじんじん来て…じわじわじわぁ…っと腫れ上がっていくような感じ…。

「…すご…い。能登ちゃん…膨らんでる…」
鈴菜は私のスカートを持ち上げているそれをゆっくりと服の上からなぞる。

「うわっ…ああぅ…んあっ…」
「びくびくしてる…能登ちゃん…気持ちいい?」
「う…ん…鈴菜すごい…よ。こんなの初めて…」

「じゃあ…」
彼女は白い指で私のスカートを捲り、股間にある怒張をショーツから出してちらっと私を見た。そして…

「あ…」
可愛い口でそれをくわえ…

「あふんっ…あっ…あうっ…んふっ…」
彼女は一生懸命にぎこちない動きながら私のクリペニスをくわえ舌で舐めていく。

ぺちゃ…ぺちゃ…ぺちゃ…
鈴菜の口の中…温かくて…すごく…気持ちいい…彼女の戸惑いながらの舌の動きも初めての刺激でたまらなく感じてしまう。


「んふっ…あっ…だめ…イク…イク…ああっ…うはっ…」
「え?」

どういう原理なのか…私の腫れ上がったクリトリスは白いドロッとした液体を吐き出した。

「ああっ…はぁぁぁ…すご…気持ちいい…」
「はぁぁ…能登ちゃんの…すごい…いっぱい出てる…」

鈴菜の…可愛い顔を私の精液が汚してく。

彼女は陶酔した顔でそれを指でとって舐めて…
「あ、ごめん。鈴菜汚いよ…そんな事しなくても…ティッシュで拭くから…」
「大丈夫。能登ちゃんの…美味しいから」
「本当?…じゃ…私は鈴菜に付いたのを…」
私も彼女に顔を近づけて舐めて…

「あん。能登ちゃん…」
「ふふっ…鈴菜可愛い」
「やん。能登ちゃん…くすぐったいよぉ…それに…そんな所…汚れてないよぉ…」
「だって鈴菜がすごく可愛い反応するんだもん…」
「んっ…あふぅ…能登ちゃぁん…」

「鈴菜…可愛い…可愛いよぉ…」
彼女がぴくぴくと身もだえをする度に私の股間は熱く堅くなっていく。

「鈴菜…入れてもいい…よね?」
私の…いきり立ったモノは、彼女に入れたいと主張をする。はち切れんばかりになって気が狂いそう…

「うん…その為に薬貰ってきたんだもん。能登ちゃん道具嫌いだし、私も処女は能登ちゃんにしかあげたくない…」

彼女は制服姿のままショーツだけ脱いで…部室の机の上に寝ころんだ。そして私に向かい、両手を拡げた。
「能登ちゃん…来て…」

目次|
inserted by FC2 system