■勃起娘が感じてる(3)

「…ほらぁ…びくん…びくんって……あはぁ…美味しそう…」
オレの亀頭を口に含む。

ぺちゃ…んちゅっ…れろん…はむぅ…

「うはっ…おわっ…」
メチャメチャ気持ちがいい。

「あは…幸斗くんのお汁美味しい…」
「あんっ。もう、鈴菜ったらずるいよ。私も舐めたい」
「いいよ。じゃ…私はこっちの方舐めるから能登ちゃんはこっちね」

ちゅっ…ちゅっ…はむっ…
れろ…れろん…ぺちゃっ…

オレの先から出る汁を可愛い女の子が舐め合ってる図は壮観なんだが…この後に待っている事を考えるとかなり気分が…

ぐにゅっ
「うほっ!?」
能登がケツの穴に入れた指を動かした。

「もうっ、幸斗ったら私たちが奉仕してるのに縮んじゃうなんてちょっと失礼だよ」
「そんな事を言うけどな…」
「あはは…また幸斗くんの大きくなった♪」
「前立腺、刺激しちゃうから」

能登の指がぐいっと中で曲がり、一点に当たる。そこを弄られると激しい刺激がオレに襲いかかった。

びゅるびゅると先から精液がこぼれ出す。

「うわっ…止めろ…止めてくれ〜」
「わは…びくびくしてる」
「あはっ…溢れてくる」

「てめーら。ちったぁ、人の話を聞け!」

◇ ・ ◇ ・ ◇

ぜい…ぜい…

「じゃ…今度こそ入れる…ね」
「だから、オレは…」
「ほら…力を抜いて…」
能登はオレの足を両手でぐいと開く。

こんな格好をさせられる事になろうとは…とほほ。

「幸斗くん…じゃ…いくよ」
「うわぁ…こら…鈴菜…その状態で入れるのか?」
「へ?変?」
さっきは気づかなかったが、鈴菜は皮が被った状態でオレのすぼまりにクリペニスを添えてきた。

「そういうのは皮を剥いてだな…おお〜?」
めりめりとオレの穴を拡げながら鈴菜のそれが入り込んでくる。

悲しいかな。能登がしっかりとほぐしたお陰か大した痛みはない。

「あはぁ…ちょっと入っちゃった♪」
「入っちゃったってな!」
「だぁって、鈴菜我慢出来なかったんだもん…でも入ったよ?」
「入ったからってな…」
「ああ、皮が剥けながら中に入り込んでいるんだ…」
「冷静に分析するな!」
「あ、何か簡単に入りそう…」

ずるん…
「うぁぁぁぁぁ…」
鈴菜が尻の穴から侵入をしてくる。気持ちの悪さにオレは悲鳴を上げた。

←前|次→
目次|
inserted by FC2 system