■勃起娘が感じてる(4)

「うわぁ…幸斗くんの中気持ちいい…」
「鈴菜…ゆっくり入れるんだよ」
「う…うん。あっ…でも…ああっ…」

ずずずず…
「わぁぁぁ…」
き、気持ち悪りぃ…。これが本当にいいのか?

「すごぉい…本当に簡単に…入っちゃった…鈴菜のおちんちん幸斗くんのお尻に入っちゃった…あはぁ…幸斗くんの処女もらっちゃった…」
「良かったね。鈴菜」
「オレは良かない!」

「何言ってるの。大好きな鈴菜と一緒になれたじゃない」
「…違う…何かが違うぞ。大体一緒にってすでにオレは…」
ふっと唇に能登の指が触れる。

「はい。静かに。これからが本番なんだから」

お、おい…本番って!?

能登は鈴菜の方を向く。
「鈴菜。これで幸斗に鈴菜の思いを注いであげたら本当に平等だよ。いっぱい注いであげて」
「うんっ♪」
「うんって…おい…お…むがっ」

能登の唇が触れて口を被われる。そして能登の手がオレの息子に触れる。キスをしたまま先の方を指で優しくなぞり始める。

うわっ。そ…それは気色良いかも…。

鈴菜が腰を動かし始めた。

うあぁ…。悲鳴を上げたいんだが、能登に口を塞がれて声が出ねぇ。

「あはぁ…いい…いいよぉ…幸斗くんの中…うねうねしてる。すごく締め付けて…気持ちいい…」

鈴菜は夢中になって抽送を繰り返す。

「鈴菜。あんまり激しくやると幸斗が気持ちが悪いだけだからさ、もう少しゆっくりやってあげて」
「うん…わかった…けど…幸斗くん気持ちいいんだもん。ゆっくりなんて…あっ…あっ…だめ…出ちゃう。鈴菜の精液出ちゃう!!」

「おわぁ〜!?」
入り口を鈴菜のペニスがびくびくと震えて何かをオレの腸内に吐き出した。
「はぁ…はぁ…すごぉい…すごいの…気持ちよくて…ああっ…また…」

恍惚の表情で鈴菜はまたオレに…

…なるべくそっちに神経を集中させないようにしないと。

「あはぁ…いっぱい出ちゃった。鈴菜の精液…幸斗くんにいっぱい…」
「…んじゃ、これで終わりだな。鈴菜…早く抜いてくれ…」
「やだ。ダメ。幸斗くんが全然気持ちよくなってないもん。鈴菜、幸斗くんがイクまで頑張る」
「頑張るな〜!!それにオレはさっき散々出したって…」
「あれは能登ちゃんが幸斗くんの前立腺を刺激したからだもん」
「大丈夫。そのうち気持ちよくなるよ。そのためにしっかりほぐしたんだから」

オレはこんな事で気持ちよくなりたかねぇ

←前|次→
目次|
inserted by FC2 system