■勃起娘が感じてる(5)

「慣れてないから気持ち悪く思っちゃうだけなんだって。身体は正直だよ。幸斗のおちんちんお汁止まらないんから」
そう言ってこんどはオレの先を口に含んで…先を舌で舐める。

…うっ…!?

ず…ず…

うあっ…

「幸斗くん…鈴菜…すごく気持ちいいの。幸斗くんはどう?気持ちいい?ねえ…気持ちいい?」
「良い訳ないだ…おほぉ!?」

能登が竿をしごき始める。
「これで多少はまぎれるんじゃないかな?幸斗、お尻ばかりじゃなくてこっちにも気を回して」
能登はそういってオレの鈴口に舌をはわす。
「うっ…あっ…」
息子を刺激された辺りから不思議と異物感が気にならなくなってくる。
それはそれですごく嫌…なんだが。

「ぁ…幸斗のおちんちん…さっきより堅くなってる…」
能登はオレの息子を口から離し、鈴菜を見た。

「あんっ…ダメ…我慢出来なくなってきちゃった…鈴菜…ごめん…私…」
「うん…いいよ。能登ちゃんも気持ちよくなりたいもんね」

彼女は手際よくオレの息子にコンドームを被せると焦れったそうに下着を脱いで、オレに覆い被さってきた。能登はオレにキスをすると扇情的な視線で見つめる。

「幸斗…幸斗の…この…堅いの…入れさせて…」
「あ…ああ」
すげえ、色っぽい顔…めいっぱい欲情してやがる。そんな顔を見せられたらオレだって嫌だなんて言えないだろうが

「あはぁ…すごぉい。能登ちゃんすごく濡れてる…」
「だって…鈴菜がすごく気持ちよさそうな声を出すんだもん。それに幸斗のおちんちん、すごくギンギンしてて…入れたくなっちゃうよ」

能登は…オレのペニスを自分の花弁にあてがう。
「ん…んふぅ…」
ゆっくりと…ゆっくりと腰を落としていく。

「あ…あはぁ…いい…すごく…いい…」
「ぅぁ…」
ぬめぬめとした壷にオレの息子が入り込んでいくと…

「あひゃんっ!」
「おわっ」
能登の悲鳴と共にきゅっと中で握られた。

「うふふ〜。能登ちゃんのお尻がひくひくしてたからこっちは鈴菜が気持ちよくしてあげる♪」

鈴菜は指を能登のすぼまりに入れてオレを突きながらも器用に動かしている。
「あんっ…はぁ…」
能登が絶妙にオレのを締めて…鈴菜がオレの肛門を犯す。

←前|次→
目次|
inserted by FC2 system