■二人は☆成長期(4)

「だからボクで感じてくれるのを見るのは嬉しいんですよ」
「でも、これは魔力補充なんだよ。そんなこと」
「はい。そこまで。もっと感じさせてあげますからね」
「……んふっ?!……んっ……んんっ……」
リジュはまた強引に唇を塞ぐ。

ああん。君たちは魔力補充をしなくても済むように分裂して貰っているんだよ?これは緊急事態なんだからね。そこのところ理解してる?

「んっ……んふぅ……んくっ……ふぅ……ふっ……」
股の間を舐めるリューも子犬が舐めるような以前の動きから秘部に舌を入り込ませたり、突起を口で吸ったりして前よりも確実に上手くなってる。

「んくぅ……んっ……んっ……んふぅ……んっ……」
腰が勝手に動いちゃう。

「セリアさん。そんなに腰を動かして。ボクたちを誘ってるの?」

誘ってないけど……でも腰が勝手に動いちゃうんだって。

「何だ。入れて欲しくなったんだ」
秘処から唇を離すと嬉しそうにリューが言い、唇の周りをぺろりと舐めながら身体を起こした。

「なら入れてあげなきゃな」
入り口に堅くなった彼のシンボルが当たる。

「入れるぞぉ!」
「ちょ……ちょっとぉ」

せめて優しく。リューの入れ方じゃ絶対に上手く入らないから。……って。

「んあっ」
強引にぐいって突っ込んだのに大した抵抗もなくするりと入っていく。

私ってばそんなに濡れてたんだ。

「ふはぁ。すんげぇ気持ちいい。まとわりついてくるみてぇ」
「ああ、悔しいなぁ。そっちにすればよかった」
「早い者勝ちだからな」
「いいですよ。ボクはこっちで。セリアさん……咥えてください。噛んじゃだめですよ」
「え?ふあっ……んぐっ……」
惚けていて半開きになった口にそろりと熱い肉の棒が入り込んでる。

「んんんんっ」
「セリアさんの口の中も気持ちいいですよ。ほら、窄めてください……ああっ……いいですよ」
リジュに言われるがまま口に含んだシンボルを軽く唇で挟むようにすると、それを抜き差しし始めた。

「ああっ。オレもオレも」
下半身をリューが突いて、リジュが私の口で出し入れをする。

「んっ……んくっ……んんっ……」
訳がわからぬままに口とあそこを気持ちよくされて、徐々に頭の中も霞んできて身体が上り詰めていく。

「わぁ……すげっ……すげっ……すげー締めるっ……オレ出そう」
「イキそうなんですね……ボクも……」

←前|次→
目次|
inserted by FC2 system