■ちょっとした仕事(3)

無責任に「大丈夫」なんて言ってた顔が浮かぶ。

きっと私の事なんてどうでもいいって思ってるんだ。お兄ちゃん達の馬鹿馬鹿馬鹿馬鹿〜!きっとこいつらにこうやっていたぶられて私は一生このまんまなんだ…。ああう…短い一生だったなぁ…。

ところがそいつらは私の身体に体液をかけ終わると動きを止めた。

ぼんやりと触手に絡まれて呆けているとだんだんと身体が熱くなってくる。いや…正確に言うと体液をかけられたところがなんだかむずむずして良くわかんないんだけど…わかんないんだけど…身体の背筋がぞくっとして…

あ…やだ…乳首立って来ちゃった…あそこも…かぁ…っと熱くなって…ただでさえさっきまさぐられて気持ちよくなってたからすごくまずい…。

もにょり…

私の変化に気づいたのか…身体を被っていたうねうねが微妙な動きを始める。

「ふえ?…や…や…や…」
着てる服をそいつらが私から取り払おうとする。実際体液でぬるぬるになってしまっていて触手が服を引っ張るとするっと脱げてしまった。パンツも下着も同様簡単に剥がされてしまう。

「やだぁ…こんな格好…」
裸にされてしまっているのに何だか身体が暖かい。うねうねが身体中に絡んでいるからかも知れない。それにそいつらが身体を擦るように動くたびにそこに刺激が走る。口とか首筋とか背中とかおっぱいとかおへそとか太股とか…私の…大事な処とか…触れられると気持ちいい…

何で?こんな気持ち悪いやつにこんな事されてるのに気持ちいいなんて…やだぁ…私、私、こんなエッチな子じゃないよぉ?そりゃ、お兄ちゃん達とよくするけどさ。でも…こんなうねうねにこんなに気持ちよくなっちゃうなんておかしいよぉ。

もにょり…もにょり…

ひっ…
とんがった乳首を胸にいるそいつがなぞるような感じで蠢く。

ひあ…
身体にしびれが走る。耳とかおへそにも細いヤツが入り込んで…

何でこんなに気持ちがいいの?身体中がすごく敏感になってる気がする。

まずい…まずいよ。このままじゃ私本当に…何とかこいつらから離れなきゃ…

もにょり…もにょり…もにょり…

や…や…やだぁ…あそこに…いるやつが入り口の辺に移動してきている気がするよぉ…

身体をよじる。

うひゃぁ!
動くと擦れる…

でも…でも…動かないと…入れられちゃうよぉ…

←前|次→
目次|
inserted by FC2 system