■幼姫無惨2(2)

「…本当にな。ここをこんなに濡らして…。やらしいやつだ。
こんなガキのくせに牝の匂いがぷんぷんするぞ」
「も…申し訳…あり…ません…でも…気持ち良くて…私…」
「イキそうか?」
「はい…イキそう…で…ああうっ…す…」
「なるほど…お前は乳首をいじられただけでイッてしまうようなやらしい女なのだな?」
「!…………」
「返事!」
ぎりっ…爪が肉に食い込む。

「ひぐっ! あう…そ…そうです。
私は…乳首をいじられただけでイッてしまういやらしい…女…です…」
「……ほう…よく言えたな。よし褒美をやろう。ありがたく受け取れよ」
つぷ…
いつの間にか手に持った針で彼女の乳首を一気に貫通させる。
「ひっ? あ…あ…うあっ…いっ…痛い……痛ぁ…ぃ…」

ぷるぷると涙を溜めて…すっと…彼女の頭を男の手が撫でる。
「良い子だ…」
男は優しくそう言って反対側の乳首を優しく揉みほぐす。
「…?ご…主人…さま?」
彼女は主の変わり様と両胸の極端な責めに戸惑いながらも徐々に甘い声を上げる。

「うふぁ…あふっ…あうっ…んっ…」
「ここにリングのピアスをつけてやる。両胸共だ。そしていろいろぶら下げて可愛がってやるから楽しみにしていろ」
「あ…はい…ぁ…あり…がとう…ござい…ます…あうんっ…ご主人さまぁ…」
「よし…イッていいぞ。ただし…分かっているな?」
「あっ…はい…あっ…ひっ…ああんっ…」

乳首を思い切り摘まれ、針を刺した乳首も針で両端から引っ張られて全身に刺激が走る。針のさされた後から血が流れる。
「ひぁぁぁ…はぁぁ…いい…気持ちいい…乳首…おっぱい…が気持ちいいですぅ〜ご主人様…わた…私…乳首で…イク…イキます…あっ…ああっ…あああああああああああっ〜〜!」

「はぁ…はぁ…ご…ご主人…さま…」
荒い息をし、扇情的な目で自分を見つめる娘を満足げに一瞥すると、男は側にあるベルを鳴らす。
「これをいつもの部屋に…胸はそのままだ…私が後でリングを付ける」
「はい…かしこまりました…」
呼ばれた執事によって彼女は戒めを解かれ別室の部屋に連れて行かれる。

そこは背を尖らせたかたちの木馬や…壁からぶら下がる手枷…数多くの責め具が置かれている部屋───
食堂に残された男は口端をゆがめ、ぽつりと呟く。
「…今夜はどこまで楽しめるかな」
彼女の長い夜はまだ始まったばかり…

←前|次→
目次
inserted by FC2 system