■幼姫無惨?(3)

「私のものがそんなに欲しいのか?」
「あ…でも…」
「欲しいかと聞いている」
花弁から指を引き抜き花心に爪を当て、その先にゆっくりと力を入れていく。
「ひっ」
彼女はその感触に気が付くと慌てて声を上げた。

「い、言います。言いますから…痛いのはいやぁ」
「ふんっ。素直に言えばいいんだ。ほら、言って見ろ」
「あうっ。ほ…欲しいです…ご主人様のおちんちん…欲しいです…」
泣きそうな顔で私を見る。この顔も私の陵辱心を満足させてくれる。
「まったく…早く言わないからだ。ほら…そのままの格好で手をベッドにつけろ」

私は彼女の手を離すとベッドから降りてティアの後ろに回る。ティアは手をベッドにつけると不安そうな表情で振り返りながら私の様子を見ていた。私は腰を落とし彼女の下着の穴から覗く彼女の秘処をゆっくりと指で押し広げる。

「ご主人様?」
「いいからそのままでいろ」
ピンク色の秘肉が彼女の愛液でてらてらと輝いて…くっくっ…まるで私を誘っているかのようではないか。

「ご主人様…いや…そんなじろじろ見ないで下さい」
「うるさい。私のモノをどうしようと私の勝手だ」
「でも…でもぉ…」
尻を左右に揺らして…いやいやをしているつもりか?動くなと言ったはずだ。主人の命令を聞かないやつにはこうしてくれる。
私は立ち上がると、彼女の腰を逃げないようにしっかりと掴み。いきり立ったモノを彼女の花弁に一気に突き立てた。

「うあっ…ご…ご主人様?…そんなぁ…いきなり…あっ…」
「何がいきなりだ?こんなに濡らして…それに欲しいと言ったのはティアだろう?」
「あんっ…い…言いました…けど…ああっ…そんな…困ります…」
「何を困るんだ?」
「だって…だって…学校…んっ…あっ…」
「私はな、ティア。お前が欲情をしていたからこうしてお前の性欲を満足させてから学校に連れて行こうとしているのだ。他の者に、お前が実は淫らな性奴隷なのだと知られたくないだろう?」
「んっ…ぁっ…そんな事…ご主人様に…迷惑が…あくぅんっ…」
「そうだ。いい心がけだ。では褒美をやろう」

サイドテーブルの引き出しからアナル用の張り型を取り出すと彼女のすぼまりに先端を入れる。
「え?…うはぁっ!…あっ…ご…ご主人様…ああっ…」
すでに開発済みのそこは型を差し込んでいくと気持ちがいいのか前の穴の締め付けが途端にきつくなる。彼女の声も先ほどよりも一段と大きくなり、感じている事を教えてくれる。

←前|次→
目次|
inserted by FC2 system