■村の鎮守の神様の(11)

「や……ああっ……だめぇ……お尻……動かしちゃ……ダメぇ……」
ずるずると抜き差しされ、排泄感に悲鳴をあげた。

“……どうして?”
「だって……出ちゃう……出ちゃうの……恥ずかしいから……いやぁ……」
“恥ずかしくないよ……ここにいるのは僕とまゆりだけ……だから恥ずかしくない……”

にゅちゅにゅちゅと卑猥な水音を立てて彼は蔦を動かした。
私のあそこから……おしっこのところから……お尻から……彼のものが出入りをしてる。

「ああっ……でも……でもぉ……」
“まゆり……感じてる顔……とても綺麗……もっとおぼれて……気持ちよく感じて……”
「でも……だって……あむぅっ」
口に触手が入り込んだ。

るぅるぅるぅるぅ……

「むふぅ……んむぅ……んぐっ……」
“まゆり……ずっと僕の側にいて。どこにも行かないで”

どくどくどくどく……
喉の奥に彼の体液が流し込まれた。
「んぐふぅ…んっ…んっ…」
喉を熱い液体が流れ込んでいく。私の中で蠢いている彼のものも、外にいる彼の触手も一斉に体液を吐き出して私は白い甘い液体でどろどろになった。

「はぁ……はぁ……る……るぅ……く……ん……え?」
これで終わりかと思い、立ち上がろうとしたらすぐさま蔓は動き始める。私に絡まり覆い、身体の穴という穴を私に快楽を与えるためだけに埋め尽くす。

「あむっ……ふぁ……あふっ……る……るうくん……だめ……少し……休ませて……」
“もっとまゆりを感じさせたい…帰さない……ずっとここにいて……”
「お願い……るうくん……私、ここに来るから……必ず戻って来るから……」
“ダメ。行かせない。まゆりをもっとおかしくさせたい……まゆりを悶えさせたい……まゆりを犯したい……”
「うあっ……あっ……い、いやぁ!……るうくん……る……ふぐっ……」

口を蔦で塞がれてそれ以上話せられなくさせられた。帰したくない一心のるうくんは私に快楽を与えようとずぼずぼ下腹部に入り込んでくる。

るぅるぅるぅるぅ……

「うはっ……んぐぅ……ううっ……」
身体中を触手や繊毛でまさぐられて気持ちが良すぎて気が遠くなる。

“僕がこんな事をしたいのはまゆりだけなんだ。まゆりは特別なんだ……”
「んっ……ふむぅ……んぐぅ……」
“まゆりじゃないとだめ……離さない……帰さない……”

るぅるぅるぅるぅ……

←前|次→
目次|
inserted by FC2 system