■MC(2)

ご主人様に教えられたとおりに出し入れします。
こうしていると精液が出るんでしたよね?

え?もう少し激しく?
きゃっ…。
顔を捕まれて乱暴に動かされました。
ああ、これくらい激しくないといけないんですか。
ごめんなさい。次からきちんとします。

時折のどの奥に当たってむせそうになるんですけどご主人様が気分を害されたらいけないので我慢します。

んぐっ。
喉の奥にちんぽから精液が吐き出されました。
苦くてとても美味しいです。

飲み干してあまりの美味しさに放心してしまいました。
すぐとご主人様から綺麗にするように言われます。

いけない。せっかくのご主人様の精子なんですからしっかり舐めて綺麗にしなきゃいけないんでした。

ぺろっ……ぺろっ……

ああ、美味しい…。こんなに美味しい精子なんですから飲むとやみつきになってしまいそうです。

え?こぼさずに全部飲んだからご褒美に私のまんこにも飲ませて頂けるんですか?
こんなに美味しいものをこぼすなんてそんなもったいないことできませんよ。
私は当然の事をしたまででご褒美まで頂けるなんて……ごっくんっ……お願いします。
今、入れやすいようにしますね。

ご主人様のおちんぽが私のまんこに……想像しただけでまん汁が零れてきました。
本当にスケベな奴隷だなって思います。

私は前のめりになって、ご主人様にお尻を突き出しました。
もちろんご主人様が入れやすいようにまんこを指で広げるのも忘れません。
私のすけべ汁が太ももまでこぼれてくるのを感じます。

ご主人様のおちんぽが入ってきます。
あ、あれ?少し……いえ、すごく痛いです。
初めて……じゃないんですよね。だって私、いつもこうやってご主人様に気持ちよくして頂いていたはずなのに。
……………………。


ああ、私の膣が狭いからいつも入れるときは痛いんでした。
でも、淫乱な奴隷の私はすぐに気持ちよくなっちゃうんです。

ずん…ずん…
ご主人様が腰を打ち付けます。

ああんっ。
…もう……気持ち良くなっちゃいました。……おまんこ……おちんぽでかき回されて……ああ……奥を突き上げられる度に……軽いアクメを感じてしまってます。ご主人様の凶悪なおちんぽが入り口の小さな私のまんこをめいっぱい広げてずぼずぼしています。

ご主人様が動きを激しくします。

じゅぶっじゅぶっじゅぶっ……。

←前|次→
目次
inserted by FC2 system