■ちょぴっと話6

「よし、今日はシチュエーションプレイいってみよう」
「…ほう。で、どんなプレイをご所望だ?」

お医者さんごっことか…先生と生徒とかか?

「ファンタジーっぽいの。いい?」

とらわれのお姫様陵辱か?ちょっと燃えるかも…

「触手プレイ…もちろん私が触手に犯される役♪」

オレに触手をせいと?

「もうね。穴って言う穴に突っ込んでぇ〜同時に精子射精しまくり〜♪」
「んなもんできるかー!!!」
「もう、最初から出来ないなんて決めつけなくったっていいのになぁ」
「いや…オレ、人間だし…」
「仕方ない。じゃ、ファンタジーやめ」

やめかい。

「じゃあね、じゃあね。同級生に弱みを握られて輪姦されちゃう女子校生の役〜。2本刺しされちゃってぇ〜。口にもくわえろ〜なんて言うの♪」
「ほう。今度はまともだなぁ…って輪姦なんぞ出来るかーーーーーー!!!」


お前はオレ一人じゃ満足出来ないっつーんだな!?

目次|
inserted by FC2 system