■秘密のお茶会2(8)


「凪……凪……」
「ふぁ?何?つかさ……くん」
「入れても……いい……よな?」
「ば、馬鹿ぁ……そんなこと聞かないでよぉ。いいに……決まって……るん……だか……らぁ」
「凪ー!」

その後、つかさくんに初めてをあげちゃいました。
最初はものすごく痛かったけれどつかさくんがとっても気遣ってくれてしばらくしたら痛くなくなったのだけど、その後が大変で、けだものになったつかさくんは私が「止めて」って言っても全然止めてくれなくて泣き出した声に気づいた中沢さんがつかさくんを「目を覚ましなさい」とお盆で頭を叩くとつかさくんは正気に戻ったんだけど……。

つかさくんがあんなにエッチだなんて思わなかったよ。

←前|次→
目次|
inserted by FC2 system