■素敵な仕事場5(4)

「オーナー…あっ…」

ずぶり

触手が秘処から引き抜かれる。はぁ…とため息をつくと別の触手が入れ替わりに入り込む。
「んっあっ…あっ…」
火照った身体はそれを自然に受け入れて由真は自然と甘い…媚びるような切ない声に変わり触手にその身を委ねる。

「あっ…あっ…ああっ…来る…来るの…」
今までも時折体感する事があった…。それが来ると頭が真っ白になって気がついた後、心地の良い余韻が残る。今、同じようなモノが身体の奥底から沸き上がってくる予兆がする。由真はそれが来る事に期待をし、ぶるっ…と身体を震わせた。

「あふっ…」
触手が彼女の気持ちをくみ取って動きを変える。
「ああっ…ああっ…や…や…来る…来るの…来るぅ…」

だくっ…

中で何か吐き出された気がする。

「うあっ…」

だくんっ…だくんっ…

「ああーっ! ああーっ! ああーっ!」

触手が液体を吐き出している間、彼女は弓なりに身体をしならせる。

「ふあっ…ふあっ…ああっ…ああっ…」

すうっ…と力が抜けて倒れ込むと触手が彼女を受け止め、彼女は当たり前のように身体を委ねた。

ずるん…

「ふくっ…」

触手が動き、身体がまた反り返る。彼女の中を怪しく動き、また絶頂を生み出させる。

「あっ…だめ…すごい…すごいよぉ…ああっ…おかしくなる…おかしくなっちゃう…」

由真は幾度も幾度も絶頂を迎え、身体をくねらせて快感を得る事に没頭をし、それに溺れていった。

←前|次→
目次|
inserted by FC2 system